3月のライオン

エロ漫画好きが3月のライオンを読んでレビューします。その他、お気に入りのコミックの感想もお楽しみに!

両親を幼くして事故で亡くして以来、孤独でどこか悲しみを抱えて学生生活を送っている一人暮らしのプロの天才将棋棋士桐山零クンが主人公。

さぞやスーパーマンのようかな、はたまた美少年のかっこよいイケメンと思いきや、かなりメガネの地味な草食男子。学校では影が薄すぎて高校生活もずーっとお弁当を食べるのも一人。

見るに見かねた先生が一緒にお弁当に付き合ってくれたり将棋部を立ち上げてくれたり近くに住んでいて何かとご飯をごちそうになったり家族ぐるみのおつきあいをしている川本3姉妹との出会い、だんだんと心を開いていく交流がなんとも心がホッコリして涙が出てきてしまう。

主人公の桐山クンが本当に優しくて多分この漫画が好きっていう人がいたら絶対に良い人だなって思ってしまうくらいです。

ただの少女漫画ではありません。将棋のプロの世界もリアルに描かれていて子供の頃からのライバルの二海堂クン。

二海堂クンのが兄のように慕う島田八段、天才棋士宗谷名人など実際にモデルとなる棋士を描いている場合もあるとかで面白いキャラクターが登場します。

心にじんわりと効いてくるものがたりです。